永代供養墓と納骨堂の違い

永代供養墓と納骨堂には、それぞれの特徴があり違いがあるので良く理解をした上で検討をしましょう。
まず、納骨堂の主な特徴ですが、個人か夫婦などで個別に遺骨を室内に安置することです。


お寺では、納骨堂が設置されているのでそれぞれの枠に遺骨が安置されています。



こちらは、普通のお墓のように維持管理費を支払えば、永代使用が可能です。

しかし、一般的には決まっている一定期間を過ぎると、個別に安置した後は、合祀墓に移して供養するケースが多くなっています。年間維持費の有無や金額には、お寺次第で差があります。

遺骨は骨壷で個別に安置されているのですが、お墓参りをする際には、合同の参拝所が設置されているところもあります。

一方、永代供養墓の主な特徴は、お寺が家族に代わって供養と管理をするお墓です。
他の方々と同じ場所に納骨されるため、「合祀墓」、「合同墓」、「合葬墓」と呼ばれることもあります。
こちらの場合には、一定期間は骨壷で安置してからその期間を過ぎると、合祀するケースが多くなっています。従って、子どもがいない人、娘が嫁いでお墓を継ぐ人がいない人、独身の人などが、お寺で供養してもらうのが永代供養墓です。
それぞれに特徴があり違いもありますが、どちらを選ぶか見極める時にも、実際に末永く永代供養をしてもらえるかどうかを知ることが大切です。

埼玉の永代供養墓の情報が満載です。

どちらにしてもお寺の住職と直接、面談をして信頼感が得られるかどうかを確認して納得の上で決めましょう。

OKWaveの情報を多数ご用意したサイトです。