海洋葬とはどんなものか

海洋葬は散骨の一種です。死んだら自然に帰るという意味で海洋葬を選ぶ人が最近増えてきつつあります。
他にも、理由として、少子化の影響等で子供がいないためにお墓を守る人がいないから、故人が海が好きだったからなどありますが、費用の面から見てもお墓を建てるよりは安いし、その先の維持等にかかる費用も必要が無いことは大きなメリットです。

海洋葬の場所は漁場、釣り場、海上交通などに差しさわりの無い、陸上から離れた沖で行われます。


現地への到着手段は船、もしくは小型のセスナ機、ヘリコプターなどを使います。



遺骨は粉状にして、水溶性の紙に分封するというのが一般的なやり方です。

神奈川の海洋葬情報ならこちらのサイトです。

葬儀の仕方には個人層と合同葬があり、合同で散骨する場合は他の喪家と一緒の船に乗船します。

その場合、実施日は必ずしも指定出来ない場合もあります。

人気のlivedoorニュースの最新情報を公開しています。

生前予約も可能ですが、遺言として希望しても法的効果がないことから、近親者の同意が必要になります。
すでにお墓に埋葬した遺骨を「墓じまい」をして海洋葬にすることも出来ます。
その場合、お墓に長い間収められていた遺骨には土や虫などの異物も混入していたり、また遺骨自身に湿気があるなどするため、異物を取り除き、乾燥させる必要があります。

また、役所で改葬許可証を発行してもらわなければならない場合もあります。海洋葬を行う場合、まず遺骨を「物」ではなく「故人」そのものとして考え、大切に扱う業者を選ぶことが大切です。