近年人気の樹木葬とは

現代では一昔前と違って、核家族が増え、また一生独身で過ごす人口も増加しています。
そんな中、埋葬の形も変わってきました。

以前であれば、お墓に埋葬し、代々継承者がお墓を守っていくということが当たり前でした。

しかし現代では、継承者がいなくなるということが大きな問題とされています。


また、お墓を守っていくことで必要になる費用や管理などが難しいと考える人も多くいます。そういった現代生活に合った埋葬スタイルのひとつが樹木葬と言えます。また、亡くなったあとは、自然にかえってゆっくり眠りたいと考える方に広まっています。樹木葬とは、今、注目の自然葬なのです。

その樹木葬ですが、大きく二つに分かれます。


一つは、都市部から離れた山林の中に一人一人樹を植えて埋葬する里山スタイルです。



里山の環境保全にも役立っています。自然と一体になり、遠くからではどこがお墓なのかもわからないといった里山になります。

人生の最後を本来の自然の中にかえりたいと望む方から注目をされています。


もう一つは、都市型の樹木葬と言えるでしょう。

里山とは違い、土地の広さに制限がある都市部での公園型の樹木葬です。


一人一人に樹を植えるのではなく、樹木の周りに複数埋葬される場合もあります。
なかには、名前などを刻んだプレートを立てられるところもあります。
植樹の種類は、桜の木が人気のようですが、もみじなどの植樹もあります。

OKWave情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

また、費用面では、墓地にお墓を建てることと比較をすれば、はるかに格安であることは間違いありません。

茨城の樹木葬情報サイトです。

なかには、埋葬後の使用料が不要なところもあり、初期費用に永代供養まですべて含まれているところも多いのです。
現代の日本を考えると、今後ますます増えるであろう埋葬方法だと言うことができます。