日本で古くから行われていた自然葬

故人を弔う場合、お寺などにお墓を建て、そこに納骨するのが普通です。

しかし近年では、お墓ではなく自然葬という形で、弔う光景が見かけられるようになっています。
自然葬とは、海や山といった場所へ、遺骨を還すことによって弔うやり方になります。そのやり方から、自然葬は散骨と呼ばれることもあります。



自然葬を行う背景として、子供の数が少なくなったり、大家族で暮らす家庭が減ったこともあり、お墓を建てたり、それを管理、維持する負担がかかるといった理由から、お墓を用意しなくても済むという利点に注目が集まっているというのがあります。この方法は何も今の時代に始まったものではなく、日本では古くから行われてきた風習です。

お墓を建てるという行為は、意外にも新しい歴史となります。

庶民がお墓を建てるようになったのは、江戸時代の中期頃から始まったとされ、それ以前は海や山に還すのが一般的でした。

しかし、1948年から暫くの間は、埋葬や遺骨の埋蔵は墓地以外に行なってはならないとされていたため、自然葬が行われる光景はほとんど見られなかった経緯があります。



最近では、日本古来の風習と、お金のかからない埋葬の仕方という考えが徐々に浸透しており、利用者が増えてきている状態です。

しかし、いくら海や山に遺骨をまくことができるとはいえ、自宅の庭などにまく行為は許されていませんので、注意しましょう。

All About情報は見逃せません。

実施する際には、専門の業者に依頼するのが便利です。